皆さんも普通に生活している上で、電気料金、ガス料金、水道料金、電話料金、NHKの受信料などの支払いをうっかり払い忘れてしまうことがありますよね。

 

別に公共料金を未払いにするつもりも、滞納するつもりもなく、ただ仕事が忙しかったり、うっかりしていたりで、払い込み書が届いていても支払うのを忘れてしまうこともあるかと思います。

 

あるいは、口座振替やクレジットカード払いにしていた人は、口座に残高がないことを忘れてしまっていることもあるのではないでしょうか。

 

自分では故意のつもりはないけれど、公共料金を払い忘れて未払い、滞納し続けてしまった結果、どうなのかを今回の記事では解説したいと思います。

 

結論から言えば、公共料金を未払いで滞納をしてしまっても、口座振替であるならば、電気代、ガス代、水道代を滞納しても、信用情報機関にブラックリストとして登録されて信用情報に傷がつくことはありません。

 

良く耳にするブラックリストというのは、信用情報機関で、金融事故(延滞、債務整理など)を起こした人の情報が登録されているもののことを言います。

 

一度ブラックリストに載ってしまうと、今後新しいクレジットカードを作ったり、消費者金融や銀行のカードローンや住宅ローン、マイカーローン、学資ローンなどが組めなくなるので注意が必要です。

 

電気、ガス、水道料金を口座振替で設定していた人は、未払いで滞納し続けていても信用情報機関のブラックリストに登録されることはありませんが、電気やガス、水道の供給は止められるだけで済みます。

 

ただし、電気やガス、水道は健全な生活を営む上で不可欠なものです。

 

電気がなければ明かりがある生活をすることはできませんし、暖房器具やクーラーなどで体温調節したり、料理をすることも難しいでしょう。水道もなければ料理をしたり、トイレの水を流すこともできなくなるし、ガスだってお風呂を沸かしたり、料理をするためには必要ですよね。

 

一度、電気やガスや水道を止められてしまうと復旧に時間がかかることもあり、未払いや滞納を続けることはあまりしない方が良いかと思います。

 

公共料金の滞納ならばキャッシングがお勧めです!!

もし、一時的にお金が口座に不足しているだけならば、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを契約して、公共料金を立て替えてしまうことがお勧めです。

 

特に大手消費者金融のプロミスやアコムならば、即日融資を可能としており、初めての借入をする方ならば無利息キャッシングを利用することができます。

 

プロミスとアコムの無利息キャッシングならば、最大30日間金利ゼロでお金を借りれるので、プロミスとアコムの無利息キャッシングサービスを利用して公共料金を立て替えて、次のお給料が入ったらすぐに返済してしまうというのもおすすめですよ。

 

ただし、プロミスとアコムは申込みの際に、担当者が個人名を名乗って勤務先と自宅に電話連絡をします。プロミスもアコムも顧客の個人情報を慎重に扱ってくれる金融機関ですので会社ばれや家族ばれをすることはありません。

 

ただし、どうしてもキャッシングの申込みの際に会社や自宅に電話連絡をして欲しくない人はモビットがお勧めです。

 

モビットのWEB完結申込みサービスを利用すると、申込みの際に会社と自宅への電話連絡がなし、そして、郵送物もなしにすることができます。

 

もし、誰にも内緒でお金を借りさせて欲しいという人はモビットのキャッシングを利用するのが良いのではないでしょうか。

 

公共料金を口座振替で滞納しても信用情報が傷がつく場合もある?

実は、公共料金を口座振替に設定して未払い滞納をしても、信用情報機関に滞納の記録が登録されてブラックリストに載ってしまう場合があります。

 

それが電話料金の滞納です。

 

最近はスマートフォンなどの携帯電話の端末代も電話の利用料金と一緒に割賦支払いで支払っている人もいるかと思います。

 

しかしながら、携帯電話の機種を割賦支払いで支払っていることは、ローンを組んでいるのと同じことなので、滞納が続いてしまうと信用情報機関にその記録が登録されることになってしまいます。

 

一般的に、ローンやクレジットカードの支払いは、2,3か月延滞してしまうと、信用情報機関のブラックリストに登録がされてしまうので注意しましょう。

 

クレジットカードの支払いも延滞すると信用情報機関のブラックリストに載る?

そうです。気づいた方もいらっしゃると思いますが、クレジットカードの支払いも延滞すると信用情報機関のブラックリストに登録されることになります。

 

したがって、電気やガス、水道代をクレジットカードで支払っている方は、クレジットカードの支払い請求を滞納するとその記録がブラックリストに登録されることになるので注意しましょう。

 

もし、クレジットカードの支払い請求のときに口座に残高がない場合、信用情報に傷がつくようなリスクを冒さずに、一時的な不足金を消費者金融のキャッシングが銀行のカードローンで立て替えてしまうのも良いのではないでしょうか。

 

プロミスやアコムは無利息キャッシングを初回限定で利用することもできますし、短期間の借入ならばかなりおすすめですよ。

 

ACマスターカード在籍確認サイトトップページへ戻る

 

公共料金払い忘れで未払い・滞納は信用情報機関のブラックリストに登録されますか?